二重整形は大阪のクリニックでカウンセリングをしてもらおう

二重

大阪で二重整形をするときは希望をしっかり伝える

二重まぶたにする整形手術の種類が大きく分けて四種類あることをご存知でしょうか。二重整形はメスを使わないから安心だと思っているのであれば、実はそれは間違いなのです。美容整形外科で行われる二重整形は、「埋没法」「部分切開」「全切開」「目頭切開」があります。一般的にメスを使わない安全な二重整形だと言われているのが埋没法です。糸で二重のラインを作るといった簡易のものであるため、初めて手術を受ける方の多くは埋没法を希望されます。
しかし、埋没法では二重にならない方が多いことを知っておかなくてはなりません。まぶたの脂肪が厚い方や元々奥二重の方はラインを作っただけでは二重にはなりません。部分切開にてメスで切開をして糸で繋ぎ合わせるか、それでもまぶたの重みがある方は全切開を行ない、まぶたの脂肪や筋を取り除いて繋ぎ合わせる必要性があります。
また、目頭切開は目頭の部分を切開して二重のラインを作る手術となり、二重を作ることだけではなく、目そのものの大きさを変える大掛かりな手術となります。大抵の場合は埋没法や部分切開で二重のラインを作ることが出来ますが、まぶたの状態によってどの手術を受けるかで、二重になる成功率は大きく変わってきます。何度も手術を受けなくても良いように、最初のカウンセリングでどの手術を受けるべきかをしっかり相談することが大切なのです。